思い出に

肖像画と聞くととても物々しい雰囲気がありますね。
ヨーロッパの貴族とか、戦国時代の武将が自分の肖像画を画家に注文したというようなイメージが思い浮かびます。
写真で自分の顔をいつまでも残しておくことができるようになった現代でも肖像画は残っています。どんな人でも気軽に注文することができるんですよ。
写真では味気ないので夫婦や家族の写真を絵にしてもらう人は結構多いみたいです。思い出や記念としていつまでも残しておくことが出来ます。

また、遺影に写真ではなく肖像画を使いたいという注文も多いみたいですよ。意外と写真は劣化が激しいです。いつまでも同じ色合いのままというわけにも行かないようです。
絵画はきちんと保存しておけばその時の風合いを残しておくことが出来ます。遺影の場合には白黒の木炭画で注文するのがいいかもしれません。リアルな雰囲気で描いてもらえます。写真とほとんど違いがわからないほどです。

使ってもらう画材によって雰囲気ががらっと変わるのも面白いですよね。油絵だったら重厚な雰囲気になります。パステルや水彩ならふわっと柔らかい色合いになるので子どもの絵や夫婦二人の絵を描いてもらうのに適しています。
希望通りの絵を描いてもらえるといいですね。






line

What's New

2012/11/28
最新情報2を更新。
2012/10/09
最新情報を更新。
2012/06/18
額縁を更新。
2012/06/18
女性の絵を更新。
2012/06/18
宮廷画家を更新。
2012/06/18
どんな意味?を更新。
2012/06/18
肖像画の注文で世界に一つの宝物を更新。
2012/06/18
ホームページリニューアル
line

Recommend Entry

不思議な印象を持つ

肖像画のあの魅力は一体何なのでしょうね。額に飾るだけでも更に印象が変わりますからね。私も自分の肖像画を作ってもらいましょうかね?(笑)

人気

最近は、遺影を肖像画でお願いするという人が多いようですが、たしかにわたしもそのようにして欲しいです。コンプレックスにおもっているところはごまかしてもらって・・・。(笑)ちょっと若めに描いて欲しいです。

line

RECOMMEND SITE

line